スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


掃除 

*長文の文字だけになってしまってます。
読まれる方はご注意ください*



年末の大掃除とかありますけど、そんなたいそうなものではなくて、
物の整理ですかね。

Twitterで少しつぶやいたのですが、やったのはレトロゲームの整理。

少し処分しようと思い引っ張り出して来ました。

色糸と懐かしいのが出てきて、クリア直前で止まってるのが多かったので
DSソフトを普通にやってます('A`)

FF3(DS版)もクリスタルタワーだけやってなかったのでちょっとやって
BGM聞いて満足しました。

キャラに性格やセリフがありーのスキル固定じゃなくて
ジョブシステム的なゲームが好きだなぁっとしみじみと感じる
思い入れのあるキャラをずっとPTに入れ続けれるから。

FC版のWizとかFFとかね。

職固定のダンジョン物も好きでしたね。
ブレイズ&ブレイドとかリメイクか続編出してくれと切に願う。
コレと同じシステムのって無い気がするなー。
2D(3D)視点のPTでのダンジョン探索系アクション物。
ゼルダみたいなソロじゃなくてPTで潜りたいんだよぉぉ。
エンカウント式でもなくターン制でもない。やりこみ系っ
オンゲーには良くありますけど、オフゲーで似たようなのが無いのは残念。
最近のゲーム知らないのと、PCゲームとかではあるのかなー?


FCゲームで思い入れあるのは移植される前無名だったったサンサーラナーガとか。
友人宅でやらせてもらって衝撃を受けた覚えがある。
いきなり素っ裸になって、冒険いってこいとかハードルたけぇって。
RPGゲーム=主人公は良い人を覆したゲームでもあると思う。
そしてそれに従って竜の成長も反映されるとか。
何度かやって白になってくれた時はマジで感動した。普通にやったら黒か赤or青ですよねー。

攻略本とかも詳しく書いてなかったし。
ソフト買えても、攻略本まで買うお金とか無かったんですよね。
ファミコンマガジンとか必勝本とか懐かしすぎる。
近所の図書館に置いててくれたので、それを読みに通う日々。
親からすれば「うちの子、図書館通うなんて、将来期待できる!」
だったでしょうに。

こんなんになってすみません

ソレ以外での思い出のソフトは貝獣物語
誕生日に買ってもらえた高額品。
このソフトのすごい所は今じゃ当たり前になってる付属物がついてたこと。

マップとソフビ人形
コレが欲しかったから選んだんだと思う。
マップ1枚と人形は無くなったけど、まだ箱とかマップとか残ってました。
我ながら大事に保管してますね。

大人になってから買い戻したおまけ付きソフトもありました。
源平討魔伝のセット。
これはカードからマップ、人形(コマ)全て有りました。
貝獣物語は源平の流れを受け継いでるおまけ付きゲームなんだ。と、気づいたナムコ産。

そしてむちゃくちゃな難易度ゲームだったというのもいい思い出。
難易度高いゲームがお子様の時から好きだったようで・・
FF1,2,3も難易度高すぎでしたし。ボスのダンジョンはセーブ出来ないなんて当たり前ですよね。
FF4でFFデビュウした知り合いが多くて「バハムート取れないー」「オーディーンきつぃー」
という知り合いの家に行き、大抵はレベルあげ不足なんだけど、
その状態でアイテムゲットをするというイケメンプレイしてました。


そんな子供の頃のいい思ひで。
これ以上語るとおっさんなのがばれるので(既に遅し
このぐらいで。


また機会あれば、どうでも良い長文語り記事書いてることでしょう。

長文読んでいただきありがとうございました。

皆さん良いお年を!



関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryulen.blog34.fc2.com/tb.php/198-4e3154bc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。